読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中の考えを文字化する

第二の実家のような

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

 

一人暮らしをしていたとき、

やっぱり自炊はすぐに億劫になって

知り合いの大学生とかがいないような

裏路地の店を見つけて行きつけに。

 

ビール1杯とポテトサラダ。とか

ビール1杯とチキン南蛮。とか

白ワインとピクルス。とか

赤ワインとチーズ。とか

一人でお金もないから1回でたくさん

頼んだりはできなかったけど、

どれもすっごくすっごく美味しくて、

マスターとはすごく仲良くなったし

常連さん同士で仲良くなって

お家に呼ばれたり40歳上のお友達ができたり

本当にあの頃は楽しかったなぁ。

不摂生だったけども。笑

 

まだその縁で連絡取り合ってたりするし

人をつなぐ良い店だったなぁと

今でも恋しくなる場所です。

 

 

Sponsored by Netflix

 

ミッキーが文字盤をグルグル歩く

お題「腕時計」

 

お題スロットなるものを私も。

 

腕に何か付いているのがどうも苦手で

腕時計は2本しか持ってないんだけれど、

そのうちの1本は13、4年くらい前に

貰ったものです。

 

小学生の頃初めておばあちゃんが

母と私たち姉妹2人をディズニーランドに

連れて行ってくれて、

そこでおばあちゃんに買ってもらった

赤いベルトのミッキーの腕時計。

入ってすぐのアーケード街の中に

時計屋さん?アクセサリー屋さん?

ありましたよね、今もあるのかなぁ。

 

多分そんなに高いものじゃないんだろうけど

地元の時計屋さんで電池を替えながら

バリバリ現役で使っています。

 

 

「人生の岐路」という呪い

 

皆より一足遅くしれっと社会人に。

入る前からこれでよかったのか、とか

不安とか、がいっぱいで

正直すごく前向きな感じではない。

 

でもとりあえず慣れて慣れて体が勝手に

動くようになるまで頑張ってみよう。

あとの人生は自分が今まで見てきたたくさんの

小さな小さな夢たちを時間をかけながら

年甲斐もなくとか言われつつ叶えていくような

そんな生活にしていこうかなと

今は思っています。

 

「今の決断で人生決まる!」とか

「環境を変えるときは慎重に慎重に」とか

今まで自らの行動を縛りつけてきた

「人生の岐路に立たされている」錯覚は

一旦横に置いておいて

とりあえず一歩ずつ進んでいけるような

毎日を過ごしていきたいと思います。

 

きよし師匠の小さなことからこつこつと!

ですね。

 

ですね。って。

いや、でもいい言葉。

フレッシュマン頑張りますー

 

 

肩凝る記事になってしまった

 

はてなブログの特徴をよく掴んでないままこの文章を書いています。 ブログを書いたのは中学生で仲良い子たちとデコログで日記!みたいなのが流行ってた時以来。(この前久しぶりに見返したら意外と楽しかった)

久しぶりすぎて改行のタイミングとか1行空けたほうがいいんかなとかの感じも良くわからないですね。

 

他人の頭の中を覗くことはできないから分からないけど、私は昔から考え事をしている時間が生活の中で極端に長い。の割に内容が薄い。

なんで、と言われると頭の中が整理できてなくて同じことを何回もぐるぐる考えているからだろうなと。

それをブログを書くときに文字化して文章としてまとめて頭の整理も少しはできたらいいなぁ。

 

このブログの約束ごと:他人を傷つけるような表現は絶対にしないように細心の注意を払う

 

匿名のブログであるからこそ、これだけは絶対に守ります。

 

かたい。寝転びながら書いてるのにこんなにかたくなるかね。性格かね。